FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29
2018

CATEGORYPhoto
ブログランキング・にほんブログ村へ



今月22日に
塩釜花まつりを見に

写真のお三方と
私と殿の5人で
神輿を見送ったのでした


img2947.jpg

img64657.jpg

img93846.jpg

img97566.jpg




その後ブラリと町を歩き
Hさん宅へお邪魔して
楽しいひと時を過ごしました



IMG_0470.jpg



いつか迎えたいフレブル
1度は迎えてみたいフレブル
やっぱり可愛かったよフレブル
ズキューーーン







2分30秒程の長さです
お時間のある方どうぞ







塩釜神社サイトより抜粋


花祭 由来

戸中期安永年間旱天が続き作物も稔らずに困り
氏子が鹽竈神社に祈願したところ気候も順調となり
作柄も良くなったので感謝の意味を込めて
安永7年(1778)3月10日に神輿を出し御神幸したのが始まりで
明治5年の改暦後祭日を4月25日に改められ
丁度桜の花が満開の時期である事から「花祭」と称するようになった

昭和60年、市民の総意に基づき祭日を4月第4日曜日に行われるようになる
神輿の渡御の時間帯は帆手祭と同じで
約1トンの神輿は16人の輿丁により滑るように市内を進む
白丁と呼ばれる白い装束に身を包んだ輿丁は更に覆面をして
一切の言葉を発することなく(かけ声も無い)
鐘と太鼓・雅楽が流れる中しずしずと進む正に神の「御渡」である。







sakuramap-1.jpg



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。